メールが届かない方

⇨キャリアメールご利用の方へ
⇨softbankの携帯をご利用の方へ
⇨auの携帯をご利用の方へ

スペシャルコンテンツ

当日情報

前日情報

セブンスレポート

平日情報

無料コンテンツ

メイン画像

オークス 2021【袋とじ】馬券予想に役立つ情報満載!

無敗の桜花賞馬ソダシが
次の関門も突破できるか!?


5月23日(日)東京競馬場で、3歳牝馬が激突する【オークス・G1】が行われます。

今年のオークスは、「無敗の桜花賞馬ソダシの2冠達成なるか!?」という点に注目が集まっています。

ライバル馬サトノレイナスが日本ダービーに出走を表明したことで、よりソダシの2冠は濃厚と思われがちですが、関係者の中では「昨年のデアリングタクトほど絶対的な存在ではない気も‥‥」という声があるのも事実。

さらには、ソダシの影に隠れていますが「大舞台オークスで一気に花開く」と言われる素質馬の情報も入ってきています。

このページ内では、そんな【オークス・G1】を攻略するために必要な情報・馬券話を、今週も各専門分野に特化したスペシャリストたちがコソッとお教えします。 時間のある時にチェックして、週末の馬券予想に役立てて下さい。

≪今週の重賞情報袋とじ≫
オークス
2021
東京11R芝2400m

~枠順確定版~





1 1 ククナ 横山 武史
2 スルーセブンシーズ 戸崎 圭太
2 3 パープルレディー 田辺 裕信
4 タガノパッション 岩田 康誠
3 5 クールキャット 武 豊
6 ウインアグライア 和田 竜二
4 7 アカイトリノムスメ C.ルメール
8 ハギノピリナ 藤懸 貴志
5 9 ユーバーレーベン M.デムーロ
10 エンスージアズム 岩田 望来
6 11 ソダシ 吉田 隼人
12 ミヤビハイディ 吉田 豊
7 13 ファインルージュ 福永 祐一
14 ストライプ 柴田 善臣
15 アールドヴィーヴル 松山 弘平
8 16 ニーナドレス 藤岡 康太
17 スライリー 石川 裕紀人
18 ステラリア 川田 将雅

[オークス]
注目の社台
グループ関連馬

ー5月22日(土)更新ー

社台情報スペシャリスト
桐 生

NHKマイルCはシュネルマイスターが勝利して、上位3着までをサンデーR所属馬が独占。先週のヴィクトリアマイルではサンデーR所属ルメール騎乗のグランアレグリアが勝利しています。今週のオークスにはサンデーR所属馬はエントリーしていませんが、ノーザンF生産馬は6頭出走。ルメール騎手の連勝が続くのか、あるいは5連勝中の白毛馬ソダシが2400mでも強いのか。逆転の有無を含め、見どころたくさんの一戦です。

社台グループ関連馬

ソダシ

馬主:金子真人HD
生産:ノーザンF



デビューから無敗の5連勝、重賞4連勝中のソダシが、世代最多となるGⅠ3勝目を目論みオークスへと出走してきました。

2代母シラユキヒメから続く白毛馬で、父はクロフネ。伯母にあたるユキチャンがダート交流重賞で3勝、従兄弟のハヤヤッコがレパードSなどに勝っていますが、金子真人HDとなじみの深い白毛馬一族で芝の重賞で活躍したのはこの馬が初めてとなります。

ノーザンF空港で育成され、2歳7月の函館1800mをデビュー勝ち。続く札幌2歳Sでは重賞初制覇を収めました。牝馬限定のアルテミスSでは距離短縮と東京コース替わりが心配されましたが、先行抜け出しで難なく勝利。そして暮れの阪神JFではルメール騎手とコンビを組むサトノレイナスに並びかけられるも、ゴールではハナ差前へ出てGⅠ初制覇。

今春はトライアルを使わずに桜花賞へ直行し、1分31秒1のコースレコードでサトノレイナス他の追撃をかわして5連勝を達成。この中間は在厩調整でここへと備えています。

マイルで重賞3勝をあげているだけに2400mへの距離延長を不安視する声もありますが、もともと1800mで2連勝した馬。むしろこの2戦で僅差に迫ったサトノレイナスが不在なことがプラスに働くと考えるべきなのかもしれません。

ステラリア

馬主:社台RH
生産:白老F



桜花賞当日の2000m戦・忘れな草賞を勝ったステラリアが2400mで本領発揮を目論みます。

キズナ産駒で母ポリネイターは英国の2歳重賞ウイナー。社台スタリオン傘下の白老Fの生産馬であり、社台RHの所属馬です。

社台Fで育成され2歳4月に栗東トレセンへ入厩し、すぐにゲート試験に合格。6月第1週の阪神芝1600m新馬戦では1番人気に支持されますが、3着に敗れています。

中2週の1400m戦でも3着となり、その後は放牧で立て直し。10月京都の1800m戦で5馬身差の圧勝で初勝利をあげました。しかし11月東京マイルのベゴニア賞はクビ差2着。3歳緒戦のクイーンCでも勝ち馬から0秒3差の6着とクラシックへ向けて賞金を加算できませんでした。

それでもフルゲートに満たなかった忘れな草賞に難なく出走し、直線鋭く伸びて2勝目をあげ、オークスへとエントリー。GⅠで一気の相手強化がどうなるかですが、2400mへの延長は好材料といえそうです。

[オークス]
重賞調教
ウォッチャー

ー5月21日(金)更新ー

≪栗東・好調教馬≫
ニーナドレス
(牝3、栗東・友道厩舎)

栗東坂路(稍)
5F 56.0-40.3-25.3-11.9秒 馬なり

栗東情報スペシャリスト
高 島

多少先物買いの感は否めませんが、ココに来てパワーアップしている1頭としてピックアップします。2戦2勝の成績から非凡な才能があることは間違いないでしょう。

4/22に吉澤ステーブルウエストから栗東トレセンへ帰厩。プール調教を織り交ぜながら、心肺機能の強化も行ってきました。

CWでは7ハロン調教をメインに行うなど、友道厩舎らしい調整過程。先週の追切では6ハロンで80秒を切るなど、時計面は文句なしといえるでしょう。

本数を重ねる毎に時計も良化しており、先週時点で万全の仕上がり。今週は坂路で終いを伸ばす程度にまで仕上がっているとなれば、この馬の力を存分に発揮できると見て良いでしょう。

≪美浦・好調教馬≫
スルーセブンシーズ
(牝3、美浦・尾関厩舎)

美浦W(稍)
5F 66.8-52.0-38.6-11.9秒 強め

美浦情報スペシャリスト
神 谷

ここまで中山で3戦して全てで上がり最速を記録。エンジンのかかり速く、キレのある末脚を使えることが特徴です。

前走後は一旦放牧へ出て5/5にノーザンF天栄より帰厩。軽めの調教がメインで時計映えはしませんでしたが、今週の最終追切が圧巻。

4コーナーで蹄鉄が外れるアクシデントがありながらも追われてからの加速は目を見張るものがあり、ラスト1ハロンは11.9秒を記録。「見た目も良いし、正直言うことない仕上がりです」と関係者も太鼓判を押しており、G1の舞台でどのような走りを見せてくれるか、個人的に注目しています。


オークス



(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

[オークス]
馬主絡みの
重賞こぼれ話

ー5月20日(木)更新ー

馬主情報スペシャリスト
赤 堀

どうも、馬主情報を専門に扱う赤堀です。

先週のヴィクトリアマイルは当欄で取り上げた、サンデーレーシング所属馬◎グランアレグリアが4馬身差の圧勝。

また相手には【今週の目イチ馬主】で紹介した社台レースホース3頭出し、2着ランブリングアレー(10人気)、3着マジックキャッスル(5人気)が激走しました。


注目すべき馬主とは?

社台RHはサンデーRと同様、6月に春シーズン恒例となっている2021年の1歳馬募集を控えた重要な時期となります。

しかし、近年はノーザンF系クラブの台頭により、大レースでの活躍馬が激減。

中央G1勝利は2017年オークスのソウルスターリングを最後に約4年も遠ざかっているおり、ヴィクトリアMの社台RH所属馬3頭出しは、「打倒グランアレグリア!」を合言葉に逆転を目論んでいる……とお伝えしました。

ヴィクトリアマイルは勝ったグランアレグリアが強すぎた形も、社台RHも存在感を示すことができた内容と言えるでしょう。

そして今週のオークスにもクラブ関係者が大きな期待を寄せる、ステラリアが出走を予定しています。

前走の忘れな草賞(L、阪神芝2000m)は速い時計が出やすい馬場状態だったとはいえ、3歳春の牝馬としては異色となる1分58秒0の好タイムで快勝。新馬戦を除きデビュー6戦中5戦でメンバー最速の上がりをマークするなど、終いの決め手はG1でもヒケを取りません。

また社台RHは今年の日本ダービーに所属馬を送り込むことができず、オークスのステラリアには1歳馬募集を見据えるうえで、何としても最高の結果が求められます。

ただ、今年はライバル馬陣営も強力。桜花賞2着馬サトノレイナスは来週のダービーに回ったとはいえ、【今週の目イチ馬主】で紹介した金子真人HD2頭出しソダシ、アカイトリノムスメが立ちはだかります。

桜花賞馬ソダシが無敗でオークス制覇!?
得意の東京に替わりアカイトリノムスメが逆転?
社台RH4年ぶりのG1制覇にステラリアが激走!?

オークスも馬主情報的に注目の一戦。各馬の取捨は週末までお待ちください。

[オークス]
3つの
好走ポイント
ー5月19日(水)更新ー

本日は過去の傾向から、好走馬の共通ポイントを3つご紹介します。

この3つの好走ポイントに1つでも該当する馬は、人気問わず、好走する可能性十分。是非、注目してみてください。

3つの好走ポイント
1.桜花賞組、忘れな草賞組が中心
2.折り合い、上がりの速さを重視
3.NF生産の上位馬は超高確率


★好走ポイント【1】
桜花賞組、忘れな草賞組が中心

桜花賞 [7-4-5-63]
連対率13.9% 複勝率20.3%
忘れな草賞 [3-0-1-7]
連対率27.3% 複勝率36.4%

前走別成績を見てみると、過去10年は桜花賞組と、忘れな草賞組からしか勝ち馬が出ていません。忘れな草賞がリステッドになった19年からは[1-0-1-1]、2年連続で勝ち馬(20年は1着同着)が馬券対象になっており、今後も要注目のステップレースかもしれません。

桜花賞組は、桜花賞で5番人気以内だった馬が[7-4-4-22]で連対率29.7%、複勝率40.5%。桜花賞で6番人気以下からオークスで馬券対象になった馬は15年の3着馬クルミナル(桜花賞2着)1頭だけです。


★好走ポイント【2】
折り合い、上がりの速さを重視

前走上がり1位 [4-3-2-18]
連対率25.9% 複勝率33.3%
前走上がり2位 [1-1-4-19]
連対率8.0% 複勝率24.0%
前走上がり3位 [3-1-0-9]
連対率30.8% 複勝率30.8%
前走上がり4位~ [2-5-4-102]
連対率6.2% 複勝率9.7%

前走上がり別成績を見てみると、速い上がりを使っていた馬が好成績。前走上がり3位以内の馬で[8-5-6-46]、馬券対象馬の約3分の2を占めています。

ほとんどの馬が未経験の距離。直線の長い東京コースということも相まって、いかに折り合って終いに脚を使えるかが重要なポイントということでしょう。

なお、過去10年、前走上がり3位以内で馬券対象になった馬の前走は桜花賞、忘れな草賞、フローラSのいずれかとなっています。


★好走ポイント【3】
NF生産の上位馬は超高確率

ノーザンF生産馬 [5-6-7-38]
連対率19.6% 複勝率32.1%

過去10年、馬券対象になった馬の半数以上がノーザンファーム生産馬です。出走頭数も多いですが、それでも高確率。

これには大手生産者ならではの、「距離適性を重視してオークスを回避することもできる」という強みも関係しているでしょう。過去には桜花賞を制したグランアレグリア、同2着レシステンシアが、今年はソングライン、アナザーリリック、ゴールドチャリスの3頭がオークスではなくNHKマイルCに出走しました。

ノーザンファーム生産馬で当日2番人気以内に限ると[3-4-4-0]で馬券対象率100.0%、3番人気まで広げても[5-4-5-3]で82.4%と信頼性は非常に高いです。

好走注目馬はこの馬
【★★】
・アカイトリノムスメ
・ステラリア
・ソダシ

【★】
・アールドヴィーヴル
・ククナ
・クールキャット
・ファインルージュ
・ユーバーレーベン


※好走ポイントに該当した数で★をつけています。

[オークス]
データで紐解く
レース傾向

ー5月16日(日)更新ー

競馬データプロファイラー
Nanako

牝馬クラシック第二弾[オークス]。

1993年以降の優勝馬では、ダンスパートナー(G1・2勝)、エアグルーヴ(G1・2勝)、メジロドーベル(G1・5勝-2冠馬)、スティルインラブ(G1・3勝‐3冠馬)、シーザリオ(G1・2勝)、カワカミプリンセス(G1・2勝-2冠馬)、ブエナビスタ(G1・6勝-2冠馬)、アパパネ(G1・5勝-3冠馬)、ジェンティルドンナ(G1・7勝-3冠馬)、アーモンドアイ(GⅠ・5勝-3冠馬)、デアリングタクト(G1・3勝-3冠馬)などの名牝がいますね。

そんなオークスを『過去10年のデータ』で、馬券的中のヒントを見つけていきたいと思います。

データで紐解くレース傾向

まず【過去10年の平均配当】をみますと

馬 連   8980円
3連複 1万2370円
3連単10万1390円


馬連3桁配当は3度、馬連万馬券が3度、3連単10万馬券以上が3度、3連単最高配当は54万8190円の特大馬券が出ています。

続いて【過去10年の上位人気別の成績】をみますと

1人気【5.2.1.2】
2人気【1.2.4.3】
3人気【2.0.0.8】


1人気は5年連続優勝、7年連続で連対中。馬券圏を外したのは2度のみと数字的に信頼度は高いです。また、13年メイショウマンボ(9人気1着)、11年エリンコート(7人気1着)などの伏兵が優勝。二桁人気の伏兵馬は20年ウインマイティ(13人気③着)、19年カレンブーケドール(12人気②着)の2頭が馬券圏に好走しています。

【過去10年・主なステップレース別の成績(3着以内)】では

桜花賞    【7・4・5】
忘れな草賞  【3・0・1】
フローラS  【0・5・3】
スイートピーS【0・1・0】
皐月賞    【0・0・1】


過去10年、桜花賞組から11頭が連対、内7頭が優勝。忘れな草賞組からはラヴズオンリーユー、ミッキークイーン、エリンコート3頭の優勝馬が出ています。 スイートピーS組は17頭が出走し連対したのは一昨年2着のカレンブーケドール1頭のみ。近年では桜花賞・フローラS・忘れな草賞の3レースが主力となっています。

【過去10年の枠番別の成績(3着以内)】では

1枠【1.2.2】
2枠【4.0.1】
3枠【0.0.2】
4枠【0.0.1】
5枠【2.3.0】
6枠【0.0.1】
7枠【3.3.1】
8枠【0.2.2】

枠番別の成績では2枠・5枠・7枠の連対馬が多く、内外は有利不利はありませんが7頭が馬券圏に入っている7枠の好走が目立ちますね。

今年はどんな馬が出走するのか?

今年は5戦無敗で桜花賞を制したソダシが出走。桜花賞2着馬サトノレイナスはダービーに向かうため不在だが、桜花賞上位組からはファインルージュアカイトリノムスメアールドヴィーヴルククナ、忘れな草賞優勝馬ステラリア、フローラS組からクールキャットスライリーユーバーレーベン、スイートピーS優勝馬タガノパッションなどがスタンバイ!

そんなレースもより的中に近づくために、データだけでなく『好走ポイント』『馬主情報』『調教情報』『社台情報』なども、週末にかけて公開していくので、お時間のある時にチェックして下さいね。

情報スペシャリスト達が選ぶ
特選◎と隠れ穴馬って?

今日の記事も馬券の参考になりましたか?

記事を見ていて「じゃあどの馬を狙えばいいの?」と、スペシャリスト達の狙う本命馬、穴馬を知りたくなった方もいるんじゃないですか?

そんな方に、是非参考にしてもらいたいのが

★[美浦]情報のスペシャリストが!
★[栗東]情報のスペシャリストが!
★[馬主]情報のスペシャリストが!
★[社台]情報のスペシャリストが!
★[騎手]情報のスペシャリストが!


新聞やネットなどでよく目にする馬券ネタだけでなく、専門分野に特化したスペシャリスト達が情報的根拠から導き出す


重賞情報袋とじ日曜版
【特選◎と隠れ穴馬】


毎週レース当日12時頃から【メールアドレスご登録の方限定】で配信しています。

「やり方が難しいなら、いいや」
「知りたいけど、どうすれば.....」

と言う方もエントリー方法はとっても簡単!

①下のボタンをクリック
②空メールを送信
③返信メールのエントリーボタンを押すだけ




[隠れ穴馬]を無料ゲット!
¥0エントリーはコチラから
▼▼▼▼▼

(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

さらに!今なら!
初めて【特選◎と隠れ穴馬】の情報を入手された方に限り

私たちも情報ルートとして所属する競馬サイト【競馬セブン】の、◎−〇▲★3点情報も、エントリー当週だけですが、無料で公開します!

週末(レース当日12時頃)に届くメールをチェックして

情報スペシャリスト達の【特選◎と隠れ穴】、そして根拠となる新聞には載らないような馬券ネタを、重賞レースの馬券予想にお役立て下さい。

重賞情報袋とじ一覧へ