メールが届かない方

⇨キャリアメールご利用の方へ
⇨softbankの携帯をご利用の方へ
⇨auの携帯をご利用の方へ

スペシャルコンテンツ

当日情報

前日情報

セブンスレポート

平日情報

無料コンテンツ

メイン画像

ヴィクトリアマイル 2021【袋とじ】馬券予想に役立つ情報満載!



5月16日(日)東京競馬場で、【ヴィクトリアマイル・G1】が行われます。

牝馬限定で行われる春の女王決定戦。グランアレグリア、レシステンシアといったG1ホースに注目が集まりますが

他にも勢いのある4歳馬、前走を勝って挑む好調馬、ここを目標に仕上げられた馬なども虎視眈々と女王の座を狙っています。

このページ内では、そんな【ヴィクトリアマイル・G1】を攻略するために必要な情報・馬券話を、今週も各専門分野に特化したスペシャリストたちがコソッとお教えします。 時間のある時にチェックして、週末の馬券予想に役立てて下さい。

≪今週の重賞情報袋とじ≫
ヴィクトリアM
2021
東京11R芝1600m

~枠順確定版~





1 1 マジックキャッスル 戸崎 圭太
2 シゲルピンクダイヤ 和田 竜二
2 3 クリスティ 斎藤 新
4 イベリス 酒井 学
3 5 デゼル 川田 将雅
6 グランアレグリア C.ルメール
4 7 マルターズディオサ 田辺 裕信
8 ランブリングアレー 吉田 隼人
5 9 テルツェット M.デムーロ
10 レッドベルディエス 石橋 脩
6 11 ダノンファンタジー 藤岡 佑介
12 サウンドキアラ 松山 弘平
7 13 プールヴィル 三浦 皇成
14 ディアンドル 団野 大成
15 アフランシール 大野 拓弥
8 16 リアアメリア 福永 祐一
17 スマイルカナ 柴田 大知
18 レシステンシア 武 豊

[ヴィクトリアマイル]
注目の社台
グループ関連馬

ー5月15日(土)更新ー

社台情報スペシャリスト
桐 生

2週連続で東京マイルでのGⅠが組まれており、今週は古馬牝馬のヴィクトリアマイルです。昨年はアーモンドアイの圧勝に終わりましたが、今年も同等レベルといえるグランアレグリアが参戦してきました。牝馬限定のマイルGⅠを勝ったところで評価がどうこうという馬ではありませんが、大阪杯を獲れなかった以上は確勝体制でのエントリーといえます。一方で2番手以降は伏兵陣を含め面白そうな馬が多数いるだけに、馬券的にも面白そうです。

社台グループ関連馬

グランアレグリア

馬主:サンデーR
生産:ノーザンF



グランアレグリアが5つ目のGⅠ制覇へ向けて東京マイルへ出走してきました。

2歳時は新馬、サウジアラビアRCと東京マイルを連勝。普通ならば阪神JFへ向かうところですが、ルメール騎手のスケジュールに合わせて牡馬相手の朝日杯FSへ挑戦。ここでは3着でした。

3歳春は桜花賞へ直行してGⅠ初制覇。人気を集めたNHKマイルCでは4位入線5着降着となり、春シーズンを終えます。秋はスプリンターズSを目指すも、直前で左前蹄を痛めて回避。それでも暮れの阪神Cでは5馬身差の快勝劇で、最優秀3歳牝馬の座に輝きました。

4歳春は池添騎手とコンビを組み、始動戦の高松宮記念で2着。続く安田記念ではアーモンドアイを破ってGⅠ2勝目を挙げました。鞍上がルメールに戻った昨秋はスプリンターズS、マイルCSとGⅠ連勝を果たしています。

今春はノーザンFの対コントレイル要員として2000mの大阪杯へと出走するも、距離や馬場が響いて4着。その後は放牧を挟み、牝馬限定のヴィクトリアマイルへとエントリーしてきました。

今春はノーザンFの対コントレイル要員として2000mの大阪杯へと出走するも、距離や馬場が響いて4着。その後は放牧を挟み、牝馬限定のヴィクトリアマイルへとエントリーしてきました。条件が変わって本来の走りを取り戻すか注目です。

デゼル

馬主:社台RH
生産:社台F



前走の阪神牝馬Sで重賞初制覇を果たしたのがディープインパクト産駒の4歳馬・デゼルです。

母アヴニールセルタンは仏オークス&1000ギニー馬です。1歳夏に社台RHで募集されますが、右後脚の骨折により、一旦募集停止されます。その後は順調に回復したこともあって、1歳12月に募集が再開。

順調に乗り込みを積んで2歳夏に函館競馬場へ入厩、ゲート試験に合格。その後は再調整となり秋の京都デビューを目指しますが、成長を促すことになり予定は白紙に。

さらに放牧先のグリーンウッドで右前脚のザ石などのアクシデントもあり、3歳3月の未勝利戦でデビューとなりました。

デビュー戦を4角13番手から差し切ると、スイートピーSも連勝。キャリア2戦でオークスへと向かいましたが、馬体減などもあって11着に敗れました。

3歳秋はローズ4着から秋華賞を目指しますが、両前脚の蹄を痛め直前で回避。今年は1月の中山戦3着から復帰し、2月の東京・初音Sで3勝目。さらに阪神牝馬Sで重賞初制覇を飾りました。

この中間は在厩での調整。ここまで様々なアクシデントがあった同馬が順調にレースを使えるのは何よりで、そのポテンシャルからも要注意です。


ヴィクトリアM



(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

[ヴィクトリアマイル]
重賞調教
ウォッチャー

ー5月14日(金)更新ー

≪栗東・好調教馬≫
ダノンファンタジー
(牝5、栗東・藤岡佑厩舎)

栗東CW(良)
5F 68.7-51.3-37.7-11.9秒 馬なり

栗東情報スペシャリスト
高 島

ここ2走は元気のない結果に終わっており、陣営サイドも工夫を凝らしながら臨んでいる様子。

今回は4/17にノーザンFしがらきより帰厩。昨年の阪神C以降はレース3週間前に入厩していましたが、今回は1週早く、阪神C以前の調整スケジュールで臨んでいます。

また調教内容にも変化を加え、CW6F追いを主体としていましたが、この中間は5Fオンリーで調整。その分、ラストまで集中した走りが出来ていたように思います。

関係者の話では「前走時もそうだったけど、最近力みが目立つ。その点、距離を短くして調整した分、リラックして折り合っていたと思うよ」と、良い雰囲気で調教が消化出来たようです。

鞍上の藤岡佑介騎手は、先週の調教に跨って馬の状態もしっかりと把握しており、どんな走りをみせるか個人的に注目しています。

≪美浦・好調教馬≫
テルツェット
(牝4、美浦・和田郎厩舎)

美浦W(良)
5F 68.1-53.2-39.2-12.5秒 馬なり

美浦情報スペシャリスト
神 谷

目下4連勝中で台風の目としても注目されている1頭。前走は初の重賞で追走に苦労する面が見られましたが、直線を向いてから猛追。上がり上位の末脚を使って重賞初制覇を達成しました。

この中間はノーザンファーム天寧で英気を養い、4/30に帰厩。同じノーザンFグループの中ではもっとも遅い帰厩となりましたが、関係者は「見た目もふっくらしていてすこぶる良い状態にある」と、万全の体制を整えてきたことを強調していました。

トレセンでは馬なり中心の調整はありましたが、併せ馬を織り交ぜながら負荷のかかる調教を消化。最終追切のウッドでは全体時計こそ派手ではありませんが「ラストまで集中していて、反応も抜群に良かった」と仕上がりの良さをアピールしていました。

[ヴィクトリアマイル]
馬主絡みの
重賞こぼれ話

ー5月13日(木)更新ー

馬主情報スペシャリスト
赤 堀

どうも、馬主情報を専門に扱う赤堀です。

先週は、サンデーレーシング所属馬が1~3着を独占。◎シュネルマイスターから2着に激走した穴馬ソングライン(7人気)を上位に抜擢して馬連3690円、3連単2万1180円の的中馬券をお届けしました。

そして今週もサンデーRの勝負馬、グランアレグリアが大きな注目を集めるのは間違いありません。

先週のNHKマイルC(G1)は
目イチ馬主[サンデーR]の
3頭で上位を独占する結果に




注目すべき馬主とは?

サンデーRは春シーズン恒例となっている2021年度の1歳馬募集が控えています。

また出資者には個人名義で競走馬を走らせている馬主だけでなく、大企業の重役や芸能人がズラリ。そのため所属馬には同じくノーザンF傘下クラブのキャロットF、シルクR以上に、大レースでの“結果”が求められるのです。

もちろんヴィクトリアマイルに出走を予定している有力馬や穴馬も、ただ指をくわえてグランアレグリアを勝たせてはくれません。

ノーザンF関連馬だけでもキャロットFのレシステンシアを筆頭に、シルクR3頭出しテルツェット、ディアンドル、リアアメリアなどが出走予定。

また、社台RH所属馬デゼル、マジックキャッスル、ランブリングアレーも、「打倒グランアレグリア!」を合言葉に逆転を目論んでいます。

過去10年でヴィクトリアマイルは1番人気が僅か2勝に対して、4番人気以下が7勝。2015年には3連単2000万馬券の大波乱決着となるなど、ひと筋縄ではいかない『牝馬限定G1』になります。

★今年は本当にグランアレグリアで鉄板なのか!?

★マイル戦に替わりレシステンシアの逆転は!?

★ノーザンFクラブのG1馬2頭を脅かす穴馬が台頭!?


今年のヴィクトリアマイルも、ノーザンF、社台Fを筆頭とする『社台グループ関連馬』の取捨がポイントになることは間違いありません。

[ヴィクトリアマイル]
3つの
好走ポイント
ー5月12日(水)更新ー

本日は過去の傾向から、好走馬の共通ポイントを3つご紹介します。

この3つの好走ポイントに1つでも該当する馬は、人気問わず、好走する可能性十分。是非、注目してみてください。

3つの好走ポイント
1.牡馬混合重賞組に注意
2.ほぼ毎年ディープ産駒が圏内
3.ノーザンFの継続騎乗は高確率


★好走ポイント【1】
牡馬混合重賞組に注意

過去10年、最も好成績を残しているステップレースはG2時代(16年以前)の大阪杯です。[1-1-1-1]で馬券圏内率75.0%。

エリザベス女王杯もそうですが、牝馬限定G1では牡馬混合戦からの臨戦が好走しやすい傾向があり、これは前走レベルもそうですが、牡馬相手の重賞に挑戦するだけの馬、ということも関係しているのでしょう。

それ以外の前走・牡馬混合重賞組でも、

有馬記念 [1-0-0-0]
高松宮記念 [1-0-2-12]
マイラーズC [1-0-0-5]
ドバイWC [0-1-0-0]
ダービー卿CT [0-1-0-4]

など、出走頭数は少ないながらも馬券対象になっている馬がチラホラ。いわゆる別路線組の取捨が重要なレースと言えるでしょう。


★好走ポイント【2】
ほぼ毎年ディープ産駒が圏内

東京1600mという王道コースらしく、ディープインパクト産駒[3-4-4-31]が強いレース。出走頭数が多いのでそこまで率が高いとは言えませんが、それでも馬券圏内率は26.2%。

初年度産駒が4歳で出走した12年以降、3連単2070万5810円の大荒れだった15年以外は全て産駒が馬券対象になっています。

18年1着ジュールポレール(8人気)、14年1着ヴィルシーナ(11人気)など、人気薄での好走も多く、前走凡走馬でも巻き返しには注意が必要です。

今年はディープインパクト産駒が10頭登録しており、絞るためにフィルターをかけるなら『前走、重賞で5番人気以内』。

[3-4-4-31]→[3-4-3-20]で連対率23.3%、複勝率33.3%となります。


★好走ポイント【3】
ノーザンFの継続騎乗は高確率

継続騎乗 [8-5-6-87]
勝率7.5% 連対率12.3%
乗り替わり [2-5-4-59]
勝率2.9% 連対率10.0%

過去10年、前走と同じ騎手が継続して騎乗していた馬が8勝。連対率ではそこまでの差はありませんが、勝率では約3倍の差がついています。

先週のNHKマイルC(2万1180円的中)でもルメール騎手の継続騎乗だった◎シュネルマイスターが制しており、2着ソングライン=池添、3着グレナディアガーズ=川田も同様に継続騎乗でした。

この3頭はいずれもサンデーレーシング所有のノーザンファーム生産馬。ノーザンファームはジョッキーの手配にも影響力が強く、コロナ禍で短期免許の外国人ジョッキーが来日できない今は特に、継続騎乗か否かが勝負度合いの高さを表していると言っても過言ではないでしょう。

継続騎乗馬でノーザンファーム生産馬に限ると[5-2-2-17]、連対率26.9%、複勝率34.6%と高くなります。

好走注目馬はこの馬
【★★★】
・グランアレグリア
・テルツェット

【★★】
・スマイルカナ
・ダノンファンタジー
・リアアメリア

【★】
・サウンドキアラ
・ディアンドル
・デゼル
・マジックキャッスル
・マルターズディオサ
・レシステンシア


※好走ポイントに該当した数で★をつけています。

[ヴィクトリアマイル]
データで紐解く
レース傾向

ー5月9日(日)更新ー

競馬データプロファイラー
Nanako

牝馬のマイル王決定戦[ヴィクトリアマイル]。

過去の勝ち馬ではダンスインザムード(GⅠ2勝)、ウオッカ(GⅠ7勝)、ブエナビスタ(GⅠ6勝)、アパパネ(GⅠ5勝)、ヴィルシーナ(GⅠ2勝)、ストレイトガール(GⅠ3勝)、アーモンドアイ(GⅠ9勝)などの3冠馬や牡馬相手のGⅠでも勝っている名牝が名を連ねております。

そんなヴィクトリアマイルを『過去10年のデータ』で、馬券的中のヒントを見つけていきたいと思います。

データで紐解くレース傾向

まず【過去10年の平均配当】をみますと

馬 連  1万1380円
3連複 31万3560円
3連単225万9920円


馬連3桁配当は2度、馬連万馬券が2度、3連単10万馬券以上が4度、3連単最高配当は2070万5810円の特大馬券が出ています。

また、二桁人気の伏兵馬では19年はクロコスミア(11人気・3着)、17年はデンコウアンジュ(11人気・2着)、15年ケイアイエレガント(12人気・2着)、ミナレット(18人気・3着)、14年ヴィルシーナ(11人気・1着)、13年ホエールキャプチャ(12人気・2着)など6頭が馬券に絡み波乱の立役者になっています。

続いて【過去10年の上位人気別の成績】をみますと

1人気【2.3.0.5】
2人気【1.0.1.8】
3人気【0.1.2.7】


上位人気馬では1人気が5連対していますが、2.3人気馬はそれぞれ1連対のみ。1人気で優勝したのは昨年のアーモンドアイ、ヴィルシーナの2頭だけですね。伏兵馬の好走も多く上位人気馬の信頼度は高くはありません。

【過去10年・主なステップレース別の成績(3着以内)】では

阪神牝馬S  【4・4・4】
中山牝馬S  【2・1・1】
大阪杯   【1・1・1】
高松宮記念 【1・0・2】
マイラーズC【1・0・0】
海 外   【1・0・0】
有馬記念  【1・0・0】
福島牝馬S  【0・1・2】
京都牝馬S  【0・1・0】
ダービー卿CT【0・1・0】


過去10年、ステップレース別の成績(3着以内)では4勝(2着4回)を挙げている阪神牝馬組の成績が目立ちますね。他には海外組・中山牝馬S組・大阪杯組・高松宮記念組・マイラーズC組から勝利馬が出ています。

【過去10年・年齢別の成績】では

4歳馬【5.6.3.67】
5歳馬【3.3.7.50】
6歳馬【1.1.0.24】
7歳上【1.0.0.5】


過去10年の年齢別の成績では5勝2着6回と圧倒的な強さを見せているのが4歳馬。4歳馬の優勝はノームコア、アドマイヤリード、ヴィルシーナ、ホメールキャプチャ、アパパネなど古馬になってからも力を発揮している。

また、6歳以上で馬券に絡んだのは15年16年を連覇したストレイトガールと15年2着のケイアイエレガントのみ。4.5歳馬中心のレースと言っていいでしょう。





情報スペシャリスト達が選ぶ
特選◎と隠れ穴馬って?

今日の記事も馬券の参考になりましたか?

記事を見ていて「じゃあどの馬を狙えばいいの?」と、スペシャリスト達の狙う本命馬、穴馬を知りたくなった方もいるんじゃないですか?

そんな方に、是非参考にしてもらいたいのが

★[美浦]情報のスペシャリストが!
★[栗東]情報のスペシャリストが!
★[馬主]情報のスペシャリストが!
★[社台]情報のスペシャリストが!
★[騎手]情報のスペシャリストが!


新聞やネットなどでよく目にする馬券ネタだけでなく、専門分野に特化したスペシャリスト達が情報的根拠から導き出す


重賞情報袋とじ日曜版
【特選◎と隠れ穴馬】


毎週レース当日12時頃から【メールアドレスご登録の方限定】で配信しています。

「やり方が難しいなら、いいや」
「知りたいけど、どうすれば.....」

と言う方もエントリー方法はとっても簡単!

①下のボタンをクリック
②空メールを送信
③返信メールのエントリーボタンを押すだけ




[隠れ穴馬]を無料ゲット!
¥0エントリーはコチラから
▼▼▼▼▼

(レース当日12時頃メール配信)

とっても簡単!たったこれだけ

エントリーが完了すれば、¥0で【今週の重賞情報袋とじ日曜版〜特選◎と隠れ穴馬〜】をご覧頂けます。

さらに!今なら!
初めて【特選◎と隠れ穴馬】の情報を入手された方に限り

私たちも情報ルートとして所属する競馬サイト【競馬セブン】の、◎−〇▲★3点情報も、エントリー当週だけですが、無料で公開します!

週末(レース当日12時頃)に届くメールをチェックして

情報スペシャリスト達の【特選◎と隠れ穴】、そして根拠となる新聞には載らないような馬券ネタを、重賞レースの馬券予想にお役立て下さい。

重賞情報袋とじ一覧へ